スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dearblueline
スポンサー広告


パラディ ソックス
「教諭が保護者を訴えた」

3年の女子児童と同級生の間でトラブルが起き「同級生が悪いのに自分の娘に
謝らせた」  とか

給食指導中に自動の背中に触れただけで暴行容疑で県警に被害届を提出した
とか

明らかに行き過ぎた両親に対して女性教諭が訴えました。

↓くしゅくしゅとした程よいボリュームのソックス
DSC_0919.jpg
paradis「船乗りのパン」ソックス ¥1,600(税込¥1,680)
カラ―・グレー、ベージュ、ブラウン
コットン90% ポリエステル8% ポリウレタン2%

当然ですね

前例はないらしいですが、その女性教諭に拍手です。
勇気とか、そういうことではなく埋もれてしまっている理不尽なことを訴えたということに。

教諭も、きっと両親と自分(学校)の間に挟まれた子供のことを考えると
それが、それしか方法はないのかと悩んだと思います。

子供を想うとやりきれないよね。

DSC_0913_20110118172331.jpg
二種の綿糸を引き揃えた心地よいリブ編み
DSC_0914_20110118172342.jpg
ビローン!長め~
DSC_0910_20110118172319.jpg

子供を想うあまり、狂ったように教師や学校、教育委員会にクレームや講義をする親。

それを見て、子供はどう思っているんだろう。

子供にとって親は絶対的な存在だから、そんな親を見て育った子供は間違いなく
頭おかしい大人になるね(毒)

なんで
先生の指導を信頼してお互い子供のことを考えられないかなぁ~。
難しいことなのかな・・・・

↓このシリーズのレギンスもあるよ~
DSC_0915_20110118172418.jpg


昨日の雪で
「道徳の時間が雪合戦になったんだよ」と聞いて

「いい先生だね~!!」と言いました。
私は事あるごとに先生を褒めます。絶対に先生のことを悪く言いません。

いい先生だということを・・・植えつけるのです(笑)
そうすると、子供は心から先生を信頼できます。

だって、親は子供にとって絶対的な存在だもん。(←多分)

そして先生も絶対的な存在であってほしいのです。


明日は大阪出張ですがお店はオープンしてますよ





スポンサーサイト
dearblueline
paradis
0

comment
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。