スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dearblueline
スポンサー広告


花火を見ておもうこと
名古屋港の海から打ち上げられる花火を見に行くようになったのは
15年ほど前からかな。夏の海の日と冬のクリスマスイブの2回あります

↓地下鉄2ブロックほどの距離にギッシリの人と露店
DSC_0980_20100720152548.jpg
夏はまさにサバイバル。海まで辿り着けない
DSC_0978.jpg
「ひどい!」と思ってる人も多いと思うが・・・通り過ぎる
DSC_0979_20100720152520.jpg
そう。結局は私もその一人

『メロディー花火』とくっさい名前が付いているけど、要は音楽に合わせて花火を打ち上げる。

これが何年か前からはコンピューターで合わせられるようになり
わざと音楽をためて、ためてサビでドカ―ーン!とか技術の進歩もあり、感動的に
花火を楽しめるの。


若者が多かった・・・
DSC_0977_20100720152451.jpg
やっと海風を感じられた頃
DSC_0986.jpg
始まった

そのリミックスを主人が担当しているので見に行くようになったのだけど

いつも思うんだよね。何万人もの人を感動させられるその仕事が羨ましい。
音楽に合わせて花火を仕込む花火師さんも、観客の心をつかむ音を想像して音楽を作る彼も。

私にそんな機会は生きてる間にあるのだろうか・・・

DSC_0997_20100720152648.jpg
基本、光が足りないし歩きながらだからブレブレだけど
DSC_0989.jpg
写真はマスターベーション

実際、花火の後ろで音楽なってても、ただのBGだし
「○○会社協賛15号玉」ドカ~ン!と花火だけでも「きれいね~」だけ。

両方が合った時に、やっぱり自然と拍手や歓声が巻き起こる。
スゴイよ。

DSC_1002_20100720153701.jpg
あーミミズが落ちてくるみたい~
DSC_0998_20100720153734.jpg


感動を与えられる仕事かぁ・・・・
みなさんは、どんな思いで仕事をしている?!








スポンサーサイト
dearblueline
写真
0

comment
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。