スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dearblueline
スポンサー広告


少年
だれかのために   一所懸命    咲けたなら

枯れることなんて     こわくない

DSC_0311.jpg




『嘱託殺人』

父親に「殺してくれ」 そう頼まれて父親を殺した 17歳の少年。

数年前に母親を亡くしてから父親はお酒に依存してしまい肝臓を患って寝たきりに。
それでも息子にお酒を要求して息子は身体に悪いと知っていても、それに応えていた。

父親が働けないからと、まわりが高校進学を勧めても中学卒業後、働いていた彼をおもうと
やりきれない。



「なんで 子供に殺してくれと頼むの?   自分で死ねばいい 」




彼は、悪いことだと知っていても父の望みを叶えてあげられて


安心したかもしれない。

殺さないことの方が    彼にとっては苦しかったのかもしれない。

それは、父と息子  2人にしかわからない。




そう思わないと    私は耐えられなく せつない。



スポンサーサイト
dearblueline
日々のこと
0

comment
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。